受験シーズン、受験生の皆様は

夜遅くまで勉強、頑張っていますね。

冬の夜は寒いため、暖かくして勉強していると思います。

先日も「頭寒足熱」という言葉をご紹介しましたが

部屋の温度は集中力に影響を与えています。

では、皆様はどのくらいの温度が集中力を高める温度だと思いますか?



たとえば、何か問題が起きたとき、

慌てている人、舞い上がっている人、頭がカッとなっている人に対して

「冷静になって」または「頭を冷やして」から考えよう。

といった言葉をかけていると思います。


この言葉があらわすように

体や脳は暑くなると正常な判断ができなくなるということです。

実は人間の脳は快適だと言われる温度よりも

若干低い、涼しいと感じる温度で活発に動いています。



そのため、夏なら25度、冬なら18度が最適な温度です。

ただ、この温度だと冬は少し寒いなと感じると思います。

そこで、「頭寒足熱」です。

足元を膝掛けや毛布などで暖かくしましょう。

「頭寒足熱」は健康にもよい状態だそうですよ。


寒い冬をのりこえて春に満開の桜を咲かせましょう。

先生と一緒に頑張っていきましょうね。



素敵な先生との出会い
0

You may also like

9月も残り1週間となりました
台風が近づいてきていますね
中間考査が近いですね

broadbeans