2月14日、今日はバレンタインデーですね。

チョコレートを用意してお渡しする方もいらっしゃると思います。

そんなチョコレートは勉強のおともに良いお菓子です。



なぜ勉強のおともに良いお菓子といわれているか、

それはチョコレートの成分に秘密があります。

まず、チョコレートに多く含まれているブドウ糖は

脳のエネルギー源となる唯一の糖分です。

勉強をすると脳はたくさんのエネルギーを使います。

短時間でブドウ糖をとろうと思ったらチョコレートが手っ取り早いです。


次に、テオブロミンという成分です。

この成分はカフェインに似たもので、興奮作用があります。

テオブロミンはカフェインと違い、

興奮作用がずっと緩やかに効力を発揮します。

集中力や記憶力、思考力アップに良いとされています。



その他にもチョコレートの成分である

カカオの香りは脳をリラックスさせる効果があります。

また、チョコレートはビタミン類やミネラルも含んでいます。


チョコレートの効果を踏まえると

集中したいときの1時間前に食べると良いと言われています。

ただ食べ過ぎは健康によくありませんので、

勉強なら一日に少量を数回、試験なら1時間前に食べることがおすすめです。

勉強のおともにチョコレートを上手く使って勉強効率をあげていきましょう。



素敵な先生との出会い
0

You may also like

AO・推薦入試の秘訣は
春休みが始まりましたね
3学期の登校日残り4日ですね

broadbeans